あえいずの日記

辞書を読んで感想を書きとめる

考え

スラムダンクを読み出しました

30歳なので高校生に感情移入できない、バスケのルールもよくわからないというハンデを物ともせずに面白い。 スラムダンクの名言「安西先生、バスケがしたいです」だけはなぜか以前から聞いたことがあり、その背景などは全く知らなかったのですが、読んで話に…

音痴なのにカラオケで歌わないといけない時の対処法

聴いている人が「音程の正解がわからない」曲を選ぶ。 といっても海外の曲はそれなりに練習しないと形にならないので、国内の自分の住んでいるところから遠い地方のマイナーで出来るだけ歌詞の意味がわからない民謡を選ぶ。 例えば私は沖縄の「カチャーチど…

歴史に「もし」は禁物だが、物理に「もし」は否定しきれない

物理学者の中にはパラレルワールド(「もし」の世界)を大真面目に研究している人が一定数おり、科学的にパラレルワールドが存在するかどうかは決着していないため。 ところで、『歴史に「もし」は禁物』と自分で主張しておいて、言ったそばから「もし」の話を…

「最近の若いもんは言葉遣いがなっとらん」に対して2文字でカウンター

「げに」 古語で「いかにも」という意味。 相手がもし、言葉が時代とともに変化するのを許容しないスタンスなら古語で会話すべきなので、古語で返して、むしろ現代語を使う相手を批判できる。 逆に言葉が時代とともに変化するのは必然というスタンスなら、「…

初代ポケモンのクリエイター達の奥ゆかしさを大人になってから気付く

大人になって仕事をするようになると、その仕事の分野に対する知識だけが偏って付くようになり、自分の常識と他業界の人の常識に乖離が出ると感じています。 もっと言えば、知識顕示欲が働いて自分の専門を出せる機会を伺うようになっています。 そんな中で…

狭い道で歩いていて人とすれ違う時、むしろ加速する

狭い道で人とすれ違う時、お互い左右どちらに避けるか決めきれずにぶつかりそうになることが稀にある。 そんな時私は、右なら右、左なら左と決めて、むしろ加速する。 すると相手も迷い無く反対に避けてくれる事が多い。加速するのは意思表示を明確にする意…

文明の進歩が速すぎて織姫と彦星は接触不可能

通信規格が10年ほどで世代交代するので、織姫彦星間(約15光年)だと、通信電波が届く前に規格が変わってしまう。 声が遅れるどころか届かないという、いっこく堂もびっくりのこの先に待っているのは、通信サービス終了のお知らせと、端末強制買い替えのみ。 …

「パフェにコーンフレーク」に時代が追いついた

ほとんどのパフェでは中間くらいにコーンフレークが入っていると思うのですが、これは客からは「カサ増し」ととらえられ評判は悪かったようです。 しかし今はインスタ映えが求められる時代。カサ増しはむしろ歓迎すべき、との価値観が広まっています。(「イ…

コメ一粒が神様7人分の居住スペースの理由(個人的見解)

「ご飯は一粒残らず食べなさい」と指導する人の茶碗にも、ごく僅かに潰れてしまった米がこびり着いて残っている。 そのため、米そのものを神様にしてしまったり、一粒にいる人数が少なかった事にしてしまうと、こびり着いた米を指して「そういうあなたも神様…

ギネスから本当に認めて欲しい事

ギネス社の取引業者としてふさわしい、と認められる事。 ギネスブックに乗るのも凄いけど、ビールの原材料やオフィスで使うボールペンをギネス社に買ってもらうことで社会を支えている人たちの方こそ尊敬する。 資本主義経済の戦士たちに乾杯!もちろんビー…

ジェラート業界展示会場のトイレットペーパー

たくさん試食するからトイレットペーパーもいつも以上に消費するのか、 それとも体調管理に万全を尽くすので逆に消費しないのか。 体を犠牲にしてでも自分で試すのがプロ魂なら、常にコンディションを保つのもプロ魂。これは哲学の問題だ。 哲学じゃなさそう…

中型国語辞典をビジネス視点で考察する

国語辞典は大きく分けて 小型辞典(7万語クラス) 中型辞典(百科辞典をプラスした25万語クラス) 大型辞典(方言などまで網羅した50万語クラス) の3種類があります。 中型国語辞典では、広辞苑が累計発行部数や知名度で圧倒しています。 広辞苑が成功したので、…

学術書における研究者の生没年情報の意味

学術書を読んでいると、研究者が生没年とともに記載されていることがある。例えば、 「江崎英一[1956- ]と福井良治[1965-2014]が発表した理論によると…」 という具合に。 でも生没年情報いる?と聞かれたらいらないと答える人がほとんどだと思う。でもそ…